ロゴ

初心者も安心。中上級者もOK。デザインコミュニティ開設。詳しくはこちらから。

グラフィックデザイン制作現場で仕事効率が劇的にUPする方法とは!?

GRAPHIC DESIGN

こんにちは、kudoです。
グラフィックデザイナー歴20年ほどで、現在、広告代理店のデザイナーとしてたまに副業もやりつつ生きています。

グラフィックデザイナーって、忙しいのに時間が足りないと思いませんか?

私も以前の会社では制作時間に追われまくっており、心に余裕がもてなかったです。自分の仕事が終わってもなお、他の人の手伝いに入らなければならなく常にストレスをかかえてました。そんな、制作時間に追われ、過酷な状況下で働いている人やこれからこの業界を目指そうと考えている人に向けての仕事効率のお話です。

この話を読むことで、あなたにもたらすベネフィットはこちら。

  • あなたの仕事効率は劇的にアップします!
  • 仕事中でも、空いた時間に自分のやりたい勉強ができる!
  • 仕事に対しての心の余裕と自信が付く!
  • サービス残業しないで済む!
  • 早く自宅に帰り、自分の時間ができる!

なぜなら、グラフィックデザイナー歴20年の私が、実際に仕事の効率化に成功しているからです。今は、その空いた時間で、自分のやりたいことを進めています。

ではどうぞ。

ズバリ!
あなたが、グラフィックデザイン制作の仕事が効率化できていない理由は3つです。

・スケジュール管理ができていない。
・グラフィックデザインの基礎知識が少ない。
・グラフィックデザイン制作するときの全体の流れがイメージできていない。

これは、人間の行動スケジュールについての知識を使って、できない理由の項目を解決するだけで仕事効率は格段にUPします。

 

もくじ

・なぜ、グラフィックデザイン制作の仕事が効率化できていないか考える。
・グラフィックデザインの仕事が効率的になるスキルまとめ。

 

グラフィックデザイン制作現場で仕事効率が劇的にUPする方法とは!?

なぜ、グラフィックデザイン制作の仕事が効率化できていないか考える。

ズバリ!
あなたが、グラフィックデザイン制作の仕事が効率化できていない理由は3つです。
・スケジュール管理ができていない。
・グラフィックデザインの基礎知識が少ない。
・グラフィックデザイン制作するときの全体の流れがイメージできていない。
まず、デザイン制作の仕事が効率化できていない理由を深堀していきます。

まず、人間の行動スケジュールについての知識を知る。

この人間の行動スケジュールはグラフィックデザイン制作の仕事が効率化できない理由を根本的に解決できる知識です。
では説明していきます。
まず、緊急性と重要性のマトリックスについて簡単に理解していきます。

上記の図のように人間の行動スケジュールには4つの領域があります。

①緊急かつ重要なこと
→締め切りが近い仕事など
②重要性が高いが緊急ではないこと
→行動計画を立てる時間、スキルアップする時間など
③緊急性が高いが重要ではないこと
→電話やメール対応など
④どうでもよいこと
→世間話、ゲーム、意味ないネットサーフィンなど

この4つの領域に
自分の仕事の項目を当てはめていき、優先順位を決めていけば必然的に効率的なスケジュール管理ができます。
優先順位をつけ、仕事をこなし、心に余裕がもてるようにしましょう。

規則正しい生活を心がけスケジュール管理をしよう。

スケジュール管理は2つに分けることができます。
・仕事全体の管理
・1日と次の日の管理

【仕事全体の管理】
仕事全体の管理では、一か月の仕事のスケジュールを管理してその月の全体を把握。
月全体の仕事量をだいたい把握することで、どのぐらいのペースで、各制作物をこなしていけば良いか把握でき、優先順位も付けれます。
私の場合、仕事管理は主に、Macにデフォルトで入っている、カレンダーアプリを使用して色を分けて優先順位をつけています。

【1日と次の日の管理】
例えば
午前中:1日で1番重要な作業をしましょう。
→朝は頭の回転が良く、一番集中できますので午前中に重要な作業をしましょう。
午後:デザイン作業をする。打ち合わせなど。スケジュール管理、写真の切り抜き、素材し収集などの雑務する。
→雑務をこなし、自分な好きな分野を作業したりしましょう。次の日の仕事はどんなことをやるか想定して終了です。
22時以降:作業しない。

人によって、また、会社員かフリーランスかによってもスケジュール管理の仕方は違うと思います。そして、優先順位も違ってきますので上記の例はあくまで参考程度にみていただき、自分なりのスケジュール管理を作っていきましょう。

グラフィックデザイン制作するときの全体の流れがイメージできていない。

グラフィックデザイン制作するとき、スタートから入稿までのイメージができていますか?

【グラフィックデザイン制作するときの全体の流れの一例】

担当やクライアントとと打ち合わせ
↓
原稿内容を把握
↓
ターゲットとコンセプトの方向性の決定。
↓
ある程度のデザインイメージを考えたり、ネットを参考にする。
↓
イメージが固まったら、デザインスタートです。
↓
ザクっと、文字や画像、色などを配置して全体の構成を作る。
↓
イメージにふさわしい加工や処理して、ブラッシュアップ。
↓
再度、全体のデザイン感を確認し、微調整。
文字校正する。
↓
出来上がったデザインを担当者やクライアントに送る。
↓
OKが出るまで訂正して、Okがでたら、入稿。
↓
終了。
全体の流れは、簡単にこんな感じだと思います。

次は、グラフィックデザインの制作過程で抑えておきたいポイントを紹介していきます。
これにより制作時間の短縮とともにデザイン品質もアップします!

グラフィックデザインの基礎知識が少ない。

なぜ、グラフィックデザイン制作の効率が悪いのか考える。
簡単にいうと、基礎知識が少ないことが言えます。
作業するとき何の順序も考えず、いきなり作業していませんか?

例えば、
・原稿内容をしっかり把握せず、自分のやりたいデザイン作業をしてしまう。
・デザインと雑務が混在しながら作業している。
・ラフをつくりながら、デザインコンセプトを考えてしまっている。

グラフィックデザイン制作の基礎知識を身につけることで、制作過程が短縮され、効率がよくなります。

ということで、

グラフィックデザインするときに意識するポイント

・フォントの選定とサイズは適正か
・文字組みは適正か
・要素の数は適正か
・配置は適正か
・形は適正か
・ターゲットは合っているか
・大きさ・配置は適正か
・加工や処理は適正か
・文字の色は適正か
・色面の色は適正か
・比重は適正力か

これらの項目を意識しながらバランスよくまとめよう!
意識を習慣化してデザインすれば「伝わるデザイン」が身につく!

こちらの記事で詳しく説明しています。気になったどうそ!

あと、こちらの本がオススメの本です。

整理の過程がわかりやすく、日常とデザインの現場でまず整理からはじめることで、答えが自ずとわかっていくことを解いています。デザインだけでなく、他のビジネスでも応用できると思います。

 

グラフィックデザインの仕事が効率的になるスキル



・一度作ったデザイン要素は自分の素材化して使い回す
・自身の仕事を効率化するための素材集を用意
・ファイルとフォルダを整理しよう
・コンセプトに合わせだいたいのデザインラフを紙に書いてから作業
・簡単にできる雑務作業を終わらせてから、心に余裕がある状態でデザイン作業にとりかかる
・合成フォントを作る。
・ツールのショートカットキーを自分用にカスタム
・スケジュール管理ソフトを活用する。

仕事が効率的になるサイトやアプリをまとめた記事はこちらから。もっと詳しく知りたい方は、こちらを参考にして下さい。

あと、こちらの本もオススメです。

佐藤オオキ氏の独自のデザイン視点や展開方法がおもしろいです。実際の事例に沿ってわかりやすく説明してあります。

無料メルマガ登録 こっそり稼げる情報発信やってます!