ロゴ

初心者も安心。中上級者もOK。デザインコミュニティ開設。詳しくはこちらから。

名刺とポストカードの作り方と考え方【制作依頼するならランサーズ】

GRAPHIC DESIGN

退職して、自分で会社を立ち上げて独立したので、名刺とかポストカード作りたいけど
簡単につくれるかな〜?

経費としてどのくらいお金がかかるかも知りたいし、あと、制作を頼めるおすすめサイトがあれば知っておきたいな。

こういった疑問にお答えます。

結論、名刺とポストカードなら制作ソフトであるAdobe illustrator/Photoshopの操作を覚えれば簡単につくれます。クオリティを求めるならプロに任せるのが一番。制作依頼ならランサーズをおすすめします。

本記事のテーマ

名刺とポストカードの作り方と考え方【制作依頼するならランサーズ】

記事の信頼性

この記事を書いている私は、グラフィックデザイナー歴20年
現在、広告代理店でグラフィックデザイナーとして活動中の私がお答えします。

名刺とポストカードの作り方と考え方【制作依頼するならランサーズ】

もくじ

  • 名刺とポストカードの作り方と考え方
  • 活用したい便利なサイト紹介
  • 印刷はネット印刷でOK!ネット印刷5社比較まとめ
  • 制作依頼ならランサーズがおすすめ

名刺・ポストカードの作り方と考え方

制作する前に準備すること

・Adobe illustrator/Photoshopを使える環境を整える。
→大前提として、パソコンとソフトがないと作れません。
・参考書を用意する。
→ソフトをインストールしたら、まずはソフトで何ができるのかを参考書など買ったり、図書館で借りるなどしてざっくり把握しましょう!
・作る前に、なんとなくのイメージをしておく。
→どんな名刺にしたいか、雑誌とかいろいろ見てイメージしておくといいです。
・自分の会社のロゴも考えておく。
→ロゴはいわゆる会社のシンボル・アイコンになり重要な役割を果たします。カラーや形などどんなコンセプトで制作するのかイメージしておくといいです。ロゴは並べくシンプルにしたほうがいいです。ロゴはじっくり時間をかけて考えつくりましょう。
・自分の会社のテーマカラーを考えておく。
→基本的に自分の好きな色でかまいませんが、カラーにも意味があります。例えば、ブルーは安定・清潔・誠実などの象を人に与える効果があります。保険会社などにブルー系のロゴが多く見らるのはその為です。自分の会社が世間ににどんな印象を与えたいかを考えるのもポイントです。

では、名刺とポストカードの簡単な作り方を説明していきます。

Tips.1 会社の名刺をつくる。
1.名刺サイズは一般的に91×55mmなので、アートボードで設定します。
01
→ファイルから「新規…」を選択。
→新規ドキュメントが開くので①②③のように設定し、作成をクリック。

2.会社名もしくはロゴ/役職/名前/会社情報のパーツに、色・フォント・大きさなどを設定し、あとはパーツを配置するだけです。
02
→ツールの④…文字ツール、⑤…長方形ツール、パネルの⑥…スウォッチパネルを使い各パーツを作っていきます。
→大きさの調整は、⑦…拡大ツールもしくはオブジェクトに⑧のようにバウンディングボックスが表示されるのでそれでも調整可能です。
03
→パネルの⑨…文字パネルを使えば、細かいフォント設定ができます。
これで、基本形は完成です。
いかがでしょうか?名刺を作る際は、2〜3種類のツールとパネルで簡単に制作可能です。一度トライしてみてください。

<「INK.DESIGN」名刺の実例>
04
基本形ができたら、横だけでなく、縦バージョンやカラーバリエーションを作ってどんな名刺がいいのか検討しましょう。あと、ロゴがあると見栄えや完成度が上がりますのでぜひ作るようにしましょう。

Tips.2 名刺で作ったパーツを使ってポストカードをつくる。
→ポストカードサイズは一般的に148×100mmなので、アートボードで設定します。
→基本、宛名面は名刺で作ったパーツを使って作っていきます。裏面はフリーのイメージ画像やイラスト・パターンをパーツとして使えばそれらしく出来上がります。
→完成。
<「INK.DESIGN」ポストカードの実例>

ロゴに加え、会社のコンセプトコピーやメッセージを入れることでより完成度が高まります。

まとめ
・ざっくりとしたイメージを考えておく。
・必要な各パーツを作り、バランスよく組み合わせる。
・特にロゴは時間をかけて作ると良い。
・ロゴ制作が難しい場合はプロに依頼するようにしましょう。

活用したい便利なサイト紹介


▶︎ACサイト
このサイトは5つのカテゴリーに分かれていて、無料会員になると制限付きですが素材が無料でダウンロードができます。プレミアム会員になれば全ての素材が無料で、加工や商用利用もOK!ですのでプレミアム会員になることをおすすめします。

  • 高品質な写真素材が無料でダウンロードできる「写真AC」
  • 利用無料のイラストダウンロード&アップロードサイト「イラストAC」
  • 無料でシルエットイラスト素材がダウンロードできるサイト「シルエットAC」
  • 無料で素材が届くメルマガ「Freebie AC」
  • 年賀状に使える素材を無料でダウンロードできる「年賀状AC」

無料イラストなら【イラストAC】

無料写真素材なら【写真AC】

▶︎Freepik
こちらのサイトは、高品質写真データやベクターイラストを配布しており、無料で商用利用することができます。高品質でレベルが高いので参考になるデザインがたくさんありますのでぜひアクセスしてみてください。
※無料で商用利用するためにはプレミアム会員になる必要があります。プレミアム会員ではない場合はクレジット表記が必要となります。

▶︎Photoshop VIP
こちらのサイトは、Photoshopを中心としたデザインの最新ニュースや、フリー素材まとめなどを中心に紹介しているブログサイトです。
こデザインのトレンドの動向やアイデアが欲しいときに大変役立ちます。

特にフリーフォントやテクスチャ、illustrator・photoshopのテクニックなどがたくさん記載されていますのでぜひアクセスしてみてください。

▶︎Google Fontsサイト ※無料
こちらのサイトは入力したタイトルをいろんなフォントで瞬時に確認できるので便利です。完全無料でフォントを使用できて商用利用でも無料です。
→操作は簡単、サイトにアクセスして表示したいタイトル等を入力するだけ。
※日本語も対応していますが、一部フォントだけです。
→あとは必要なフォントをダウンロードするだけです。

印刷はネット印刷でOK!ネット印刷5社比較まとめ


経費としては、印刷費+デザイン制作費となります。デザイン制作費に関しては自分で制作すれば0円です。制作時間がなければ知り合いや会社等に頼めばできますが、その分経費はかかります。印刷費も抑えたいところなので、オススメは、ネット印刷です。参考までに代表的なネット印刷会社5社を比較しました。補足ですが、紙の種類を知りたい場合は、紙のサンプルセットを無料取り寄せできますので、実際に紙の触り心地や厚みなども確認できますのでぜひ取り寄せすることをオススメします。
この比較は表下の条件での比較となります。詳しくは各社ホームページでご確認ください。この比較表を見て分かる通り、通常価格では名刺・ポストカードにおいてはラクスルが一番安く、チラシに関しては印刷通販JBFが安いようです。各社のキャンペーン期間も気にしながらぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

名 刺 ポストカード A4チラシ
ラクスル 454円 1,670円 2,340→2,020円
プリントパック 919円→873円 2,655→1,091円 2,019円
プリントネット 490円 2,350円 3,340円
印刷通販JBF 3,140→1,010円 4,130→1,380円 1,430円
東京カラー印刷株式会社 1,010→960円 2,920→1,200円 2,220円

●印刷発注条件設定
用紙の種類:マットコート
用紙の厚さ:名刺/ポストカード180kg、A4チラシ90kg
色数:両面フルカラー
部数 / 出荷日:100部/最長出荷日※各会社により期間が異なります。
税込み価格
※2020年2月7日時点の価格で比較
※通常価格で比較。割引になっているのは2020年2月7日時点の割引キャンペーン価格です。
※期間によってはキャンペーン割引率は異なる場合があります。
激安印刷通販ならラクスル

制作依頼ならランサーズがおすすめ


ランサーズとは日本最大級のクラウドソーシング仕事依頼サイトです。
クラウドソーシングのプラットフォームであるLancersを通して個人間や個人法人間で仕事を取引する仕組みを提供している企業です。
Lancersでは仕事を依頼した企業と、仕事をしたい個人がインターネット上で個別に契約し、打ち合わせや納品までインターネット上で完結できるので打ち合わせに出掛けたり面倒な時間も省けて便利なサイトです。



クラウドソーシング「ランサーズ」

私のポートフォリオサイトはこちら
制作依頼はこちら

無料メルマガ登録 こっそり稼げる情報発信やってます!